Permission Problem

You don't have permission to do that.

ハッシュグラフ合意形成アルゴリズムはどのくらい効率的ですか?

"ハッシュグラフの効率性には複数の側面があります。

プルーフオブワーク(PoW)ブロックチェーンでは、いくつかのブロックがマイニングされ、後に廃棄されます。ハッシュグラフでは、コミュニティに宛てられたすべてのイベントが保持されるため、効率は100%になります。ブロックが破棄されることはないため、破棄によりリソースが無駄になることはありません。

帯域幅、ストレージ、およびCPUの観点から、ハッシュグラフの効率性を検討することもできます。

ハッシュグラフは帯域幅に最小限のオーバーヘッドのみ追加します。つまりイベントを表す最小量のデータ(トランザクションペイロード+タイムスタンプ+シグネチャ)を送信し、2つのハッシュ(ノードのハッシュと親イベントのハッシュ)という小さなオーバーヘッドを追加します。

ストレージの負担に関して、ハッシュグラフはノードがまとめて署名された状態を確立し、その状態を確立するために使用されたハッシュグラフの以前の部分を破棄することを可能にします。開始以来それを維持する必要はありません。たとえば(PoWブロックチェーンとは対照的に)ビットコインがハッシュグラフに実装されたとき、署名付きの状態では(現在の170 GBと比較して)1 GB未満にストレージが削減されます。

CPU(またはGPU)サイクルに関して言えば、PoWはハッシュパズル計算という目的のためにメモリという意味で非常に集約的です。逆に、ハッシュグラフはPoWを必要とせず、状態の更新のために必要なCPUとメモリのみを使用します。"
Sign In or Register to comment.